大腸がんといった病気も治せる~これで安心長生き戦術~

医者

早期発見のための検査

困る

一年に一度は大腸検査を受けるべきです。なぜなら大腸がんは早期発見早期治療が原則だからです。自覚症状が現れて検査をしても手遅れになる場合が多いので、しっかり定期検査で発見すべきなのです。

詳しくはコチラ

ステージで分かれる症状

医者

がんは早期発見をするべきだという理由がステージごとにみる症状で理解できます。胃はいくつもの層で分かれていますが、胃がんの症状が進むにつれ内部にまで深くがん化していくのです。

詳しくはコチラ

髄膜腫について

女性

髄膜腫はメニンジオーマと呼ばれ。脳腫瘍の一種で、比較的ポピュラーな脳腫瘍です。そのほとんどは良性腫瘍の場合が多く、原因は詳しく分かっていないケースがほとんどですが、男性よりも女性に比較的多く発症するケースが目立っています。

詳しくはコチラ

発症したら治療を受ける

病気は様々なものがあります。インフルエンザや肺炎などの病気があり、体に現れる症状が異なってきます。また、これらお病気は病院で診てもらうことができ、治療することができます。手術で体内にある悪いものを摘出したり、薬などの治療を行なったりすることで改善ができます。病気の中でも、日本人が発症しやすいとされている病気がいくつかあります。その中に一つの病気は「大腸がん」です。

大腸がんは発症した際には、なかなか症状が無く気付く方が少ないです。病院などで人間ドックや大腸がんの診察を行なうことで、発見されているケースが多くあります。大腸がんの症状としては、軽いお腹の痛みや違和感があります。そういった症状なのであまり気付く方が少ないと言えるでしょう。また、大腸がんは腫瘍範囲やがん細胞ができる部分で異なります。

大腸がんを発症する原因としては、様々なことが考えられます。親族に大腸がんを発症していれば遺伝で、自分も患ってしまう可能性が高いです。他の原因としては、食生活や飲酒で大腸がんを発症することがあります。今一度自分の生活を見つめなおして改善することができれば、大腸がんや様々な病気を予防することができます。また、生活を改善できれば、体内環境も整えることができ、健康な体つくりを行なうことが可能になります。もし、大腸がんを発症した際には病院で治療ができるので、体に違和感や心配な方は診察してもらうと良いでしょう。